カートをみる マイページへログイン お買い物ガイド お問い合わせ サイトマップ
TOTAL SECURITY & SAFETY 「セキュリティ王」。防犯カメラ・防犯グッズ・ホームセキュリティ・カギ関連商品・住宅金物・デジモノ・情報機器・小型家電・アイデア商品・防災用品等を販売中。防犯カメラ取付、ホームセキュリティ取付等の施工等、各種工事も行っております。お気軽にお問合せください。
ホーム 会社概要 工事 配送・送料 支払い方法 リンク 採用情報

熱中症対策用 コンディションセンサー

  

熱中症対策用 コンディションセンサー

メーカー:タニタ
型番:TC-200DG
JANコード: 4904785620018
価格:

2,850円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

■ 商品説明

これから暑くなるシーズン前に熱中症予防対策におすすめの商品として「熱中症対策用 コンディションセンサー TC-200DG」の販売開始です。この商品は熱中症の危険性を5段階の注意レベルで分類し、危険度に合わせて異なるブザー音でお知らせします。ブザーの音量は「大」「小」「なし」の3段階で切替が可能です。危険レベルではブザーの音量の切替及びOFF設定はできません。音を止める時は電源をOFFにして下さい。※注意レベルの区分は、日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」に準拠しています。※温度及び湿度の表示はいたしません。信頼のおけるTANITA製です。

■ 商品仕様

製品名熱中症対策用 コンディションセンサー
型番TC-200DG
JANコード 4904785620018
メーカータニタ


■特徴

◎熱中症予防対策におススメ!! これから暑くなるシーズン前にご用意を。


■熱中症の危険性をイラストとブザー音でお知らせ
・熱中症の危険性を5段階の注意レベルで分類し、危険度に合わせて異なるブザー音でお知らせします。
・ブザーの音量は「大」「小」「なし」の3段階で切替が可能です。
※危険レベルではブザーの音量の切替及びOFF設定はできません。音を止める時は電源をOFにして下さい。
※注意レベルの区分は、日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」に準拠しています。
※温度及び湿度の表示はいたしません。


■黒球式だから、日射や輻射熱も測定
・黒球式を採用し、炎天下でも正確なWBGT値の測定が可能。 (WBGT値の表示はありません)
・熱中症発症にかかわる要因となる日射や輻射熱も測定。
・屋内はもちろん屋外での測定も可能。
・直射日光の下で使用可能。


■携帯に便利なアタッチメント・カラビナ付き






■使用例


■使用方法


■使用上の注意


■各部名称と機能




 
これから暑くなるシーズン前に熱中症予防対策におすすめの商品として「熱中症対策用 コンディションセンサー TC-200DG」の販売開始です。この商品は熱中症の危険性を5段階の注意レベルで分類し、危険度に合わせて異なるブザー音でお知らせします。ブザーの音量は「大」「小」「なし」の3段階で切替が可能です。危険レベルではブザーの音量の切替及びOFF設定はできません。音を止める時は電源をOFFにして下さい。※注意レベルの区分は、日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」に準拠しています。※温度及び湿度の表示はいたしません。信頼のおけるTANITA製です。
 
表示方式 LCD表示
熱中症予防指針 日本生気象学会
「日常生活における熱中症予防指針」準拠
表示内容
注意レベルに応じて5段階イラスト表示(WBGT数値表示なし)
レベル1、レベル2注意、レベル3警戒、レベル4厳重警戒、レベル5危険
※WBGTに応じて表示されます。
WBGT測定間隔 30秒に1回
ブザー音 鳴動時間 : 最長15秒間(各注意レベルで鳴り方及び鳴動時間は異なります)
音量 : 3段階:75dB(大)、65dB(小)、なし
使用温湿度範囲 気温:0〜50℃ 湿度:20〜90%
電源 DC3V CR2032コイン形リチウム電池×1個
電池寿命 約3ヶ月(1日4時間使用時)
本体寸法・質量 幅 58mm × 高さ 108mm × 奥行 36mm
約 65g(電池、吊り下げ用アタッチメント、カラビナ含む)
主な材質 黒球、本体:耐熱ABS レンズ:PMMA センサーカバー:PP
付属品 取扱説明書(保証書付)、お試し用電池(CR2032コイン形リチウム電池×1個)、吊り下げ用アタッチメント1本、カラビナ1個、ドライバー1本
生産国 中国

※仕様及びデザインは予告無く変更する場合があります。
※熱中症予防の指針として、熱中症に関連する、湿度・輻射熱・気温の3つを取り入れた暑さ指数(WBGT)を用いています。

ページトップへ